2017年10月28日

10.23「中越大震災の日」追悼のつどいが実施されました。

10月23日、追悼の集い当日は台風21号により小千谷市内の数カ所に避難勧告が発令された荒れ模様の日となりました。


観測史上最大の震度7を記録し、揺れは阪神・淡路を上回る大災害であった「中越大震災」。

穏やかな日常が突然に奪われた日 10月23日。

小千谷市は、この日を「中越大震災の日」とし、防災に関し長く後世に語り継ぐことを目的の一つとして制定されました。

中越地震発生から13年となった23日、NPO法人 防災サポートおぢやは、上ノ山の楽集館駐車場に於いて追悼の集いを行いました。

約200人の参加者が見守る中、大塚市長、宮崎県議は、災害復旧ボランティア団体のSVTS風組が市に寄贈した記念碑「希望の灯り」に点灯されました。

希望の灯り点灯



そして、午後5時56分 黙祷。

地震で亡くなられた子どもたちを悼み、鎮魂を願い献花をする人々を、キャンドルの優しい灯りが照らしていました。

鎮魂を願い献花をする人々


NPO法人 防災サポートおぢやの佐藤理事長は「復興に感謝したい。そして、この日を風化させないために皆さんのご協力をお願いしたい」と述べました。

大塚市長は、台風21号対策の最中「塩谷地内で尊い命を落とした3人の児童の慰霊碑に、お参りしてきた。13年前を思い出しながら、追悼したい」と挨拶をされました。

また、雨模様の中 寒さも増して来たこの日、来場者に少しでも温まってもらおうと毎年恒例の甘酒も提供されました。

NPO法人防災サポートおぢや 佐藤理事長

NPO法人防災サポートおぢや
佐藤理事長

防災サポートおぢやによる甘酒提供

防災サポートおぢや
による甘酒提供






posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 14:30| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

10.23「中越大震災の日」イベントのご案内

今年も、10月23日(日)「中越大震災の日」に、震災の犠牲者を追悼し、また、震災の記憶を風化させないためSVTS風組様・小千谷震災ミュージアムそなえ館様と共催し、小千谷市民学習センター様・小千谷市復興支援室様のご協力を得て、下記の事業を実施致します。

会員の皆様におかれましては、時節柄ご多用のことと存じますが、ご家族ご友人などお誘い合わせのうえご参加いただければ幸いです。


■日 時:平成29年10月23日(月)午後5時30分〜6時頃
■会 場:小千谷市民学習センター「楽集館」
    (小千谷市上ノ山4−4−2)
■午後5時30分 “希望の灯り”点灯  −SVTS風組−
 献 花           −参加者−
 キャンドル点灯      −参加者−
 午後5時56分 黙とう  −参加者−

※ 雨天決行


ご来場の方においしい甘酒をお配りします!

★ 甘酒振る舞いの手伝いをして頂ける方は、午後5時までに会場へお集まりください。



posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

改良型 緊急搬送担架「おぢやタンカ」価格改定のお知らせ

改良型 緊急搬送担架「おぢやタンカ」


平成24年に、販売を開始しました「おぢやタンカ」は皆様から大変ご好評をいただき、当初製作台数を完売致しました。

「おぢやタンカ」は、中越地震で被災した小千谷総合病院で要介護者の緊急搬送に使用したタンカを、現場からの声を元に より使い勝手の良いものに改良し、改良型 緊急搬送担架「おぢやタンカ」として販売しているものです。

これからも、防災・減災のためにご利用いただきたく追加製作をいたしましたが、各種原材料費高騰により、これまでの価格で販売することは難しい状況となりました。

つきましては、まことに不本意ではございますが、下記のとおり製品価格を改定させていただくことになりました。

ご購入を検討される皆様には、諸事情ご賢察のうえ何卒よろしくお願い申し上げます。



■ 改良型 緊急搬送担架「おぢやタンカ」価格(税込)

(現行価格)49,800円
(改定価格)55,000円


■ 価格改定実施時期

平成29年9月15日(金)受注分より


◆ 改良型 緊急搬送担架「おぢやタンカ」をご希望の方は

ご注文者の
郵便番号
住 所
お名前(フリガナ)
電話番号
FAX番号
E−mail

ご注文者以外へお届けの場合は、お届け先の
郵便番号
住 所
お名前(フリガナ)
電話番号
FAX番号
E−mail

上記をご記入の上、FAXでお申し込みください。

FAX番号:0258−82−2809

◆ 発 送
ご注文受付後、約2週間で製造元より発送いたします。

◆ お支払い方法
代金は、製品発送後にお送りする請求書により指定の金融機関口座へお振込ください。
お振込手数料は、お客様ご負担にてお願い致します。

◆ お問い合わせ

NPO法人 防災サポートおぢや
TEL/FAX 0258−82−2809
E−mail  takeda@ojiyafukko.com







posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(0) | おぢやタンカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

10.23「中越大震災の日」追悼式典が実施されました。

12年前、68人の犠牲者、被災住宅12万棟の被害が発生したこの大震災は、観測史上最大の震度7を記録し、揺れは阪神・淡路を上回る大災害でした。

穏やかな日常が突然に奪われた日 10月23日。

小千谷市は、この日を「中越大震災の日」とし、防災に関し長く後世に語り継ぐことを目的の一つとして制定されました。

NPO法人 防災サポートおぢやは、上ノ山の楽集館駐車場に於いて追悼式典を実施しました。

約250人が参加し、災害復旧ボランティア団体であるSVTS風組が市に寄贈した記念碑「希望の灯」に点灯し、献花、そして午後5時56分に黙祷を捧げ、地震で亡くなられた方のご冥福を祈りました。

会場設営に勤しむ会員

会場設営に勤しむ会員


大塚市長、宮崎県議による「希望の灯」点灯

大塚市長、宮崎県議による点灯


献花、黙祷

献花 黙祷



そなえ館では、中越地震、中越沖地震、阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震の犠牲者を追悼する白菊の花火を、メッセージと共に打ち上げました。

花火打ち上げ用スイッチを押す佐藤理事長


白菊の花火で追悼



防災サポートおぢやの佐藤知己理事長は、「この日を大事にし、風化させないよう協力してほしい」と、挨拶されました。

寒さも増して来たこの日、来場者に少しでも温まってもらおうと毎年恒例の甘酒も提供されました。



東日本大震災の津波で、住宅や家族を失った古老の言葉を今年もまた、思い出します。

「失ったら、また一から始めればよい、急ぐことはない、ゆっくりとまた、始めればいいんだ」





posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

10.23「中越大震災の日」イベントのご案内

平成16年10月23日中越地震で被災した家屋

中越地震で被災した家屋


平成28年4月14日熊本地震で被災した家屋
(熊本県益城町 H28年7月29日筆者撮影)

熊本地震で被災した家屋


熊本地震で被災した家屋


今年も、10月23日(日)「中越大震災の日」に、震災の犠牲者を追悼し、また、震災の記憶を風化させないため下記の事業を実施いたします。

本年は、おぢや震災ミュージアムそなえ館様が開館5周年を迎えるにあたり、その記念事業の一環として共催で行うこととなり、さらに、SVTS風組様からも共催いただき、小千谷市民学習センター様・小千谷市復興支援室様のご協力を得て実施いたします。

会員の皆様におかれましては、時節柄ご多用のことと存じますが、ご家族ご友人などお誘い合わせのうえご参加いただければ幸いです。


■日 時:平成28年10月23日(日)午後2時〜6時頃
■会 場:小千谷市民学習センター「楽集館」
    (小千谷市上ノ山4−4−2)
■内 容:午後2時〜    
 おぢや震災ミュージアム開館5周年記念シンポジウム
 「語り続けることの大切さ
  今、熊本へ、中越から伝えることは」 −そなえ館−
■午後5時30分 “希望の灯り”点灯  −SVTS風組−
 献 花         −参加者−
 キャンドル点灯     −参加者−
 午後5時56分 黙とう  −参加者−
■午後6時頃
 震災被災地追悼花火打ち上げ(西中地内)−そなえ館−

※雨天決行

★ 追悼セレモニーへご来場の方においしい甘酒を
お配りします!

★ 振る舞いの手伝いをして頂ける方は、午後5時
までに会場へお集まりください。




posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする