2016年03月11日

大震災から5年『縮災』の視点とは

災害大国である日本、天災の宿命とどう向き合うかという課題について考えてみたいと思います。

■「縮災」とは

・被害に見舞われても速やかに復旧できるように、社会の回復力が高いという意味である。

・レジリエンスを高めるとは「被害を減らすと同時に、復旧までの時間を短くすることにより、社会に及ぼす影響を減らすこと」である。

「縮災」とは、レジリエンスを高めることを目標とする。

※ レジリエンス=精神的な回復力・抵抗力などを表す心理学的用語。

要約すると、精神的にも物理的に於いても、災害被害を小さくすることと言えます。
日本政府は、縮災を「国土強靭化」と訳しています。

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長で、災害の歴史に詳しい河田恵昭・関西大教授は、日本の防災意識に関して「江戸幕府から明治政府に変わるときに見逃されたのが防災だ。」とし、その理由を「政治機構の参考にした欧州の国々も巨大災害を経験していなかったため」としています。

同氏は、続けて「日本の災害対策は起こった災害を繰り返さないという発想で、災害が起こらないと対策を取らなかったが、震災後、政府は今後起こるであろう巨大地震の被害の大きさを想定し、減災の対策を立てようとしている。その姿勢は評価すべきだ。」

と、一定の評価はしているものの、その一方では「被害を減らす方向へ進んでいるとはいえない。」としています。

さらに、「心配なのが首都直下地震だ。人と情報の流れが地震発生の瞬間、ぱっと止まる。」

「世界の都市が歴史上経験したことのない災害になる。限られた財源で命を守るには既存の防災施設の強度を高めることを優先すべきだ」

「これから求められるのは、被害を小さくしできるだけ早く回復させる『縮災』の考え方だ。

「被害を長引かせない方法を検討すれば、より現実的な対策につながる。震災から5年がたち、親族を亡くした当事者とそれ以外の人々の悲しみに差がありすぎるように見える。」

「悲しみを共有できない社会が、巨大災害と対峙することはできない。」としています。

■ この『縮災』の考え方を、もう少し具体的にすると

・限られた財源で命を守るには、既存の防災施設の強度を高めることを優先すべき。

津波は、「万里の長城」と呼ばれ、"防災のまち"として世界的に知られていた岩手県宮古市田老町の防潮堤10mの高さを乗り越え、破壊し 押し寄せた。

20160311miyakotarou1.png

被災直後(平成23年3月28日撮影)=岩手県

防潮堤原形復旧(漁港海岸は計画堤防高14.7m)
20160311miyakotarou2.png
防潮堤復旧状況(平成26年3月13日撮影)=岩手県

減災対策としての、巨額の費用と年月が必要とされる新たな防潮堤の設置(総額約26兆円)は、今なお賛否両論が渦巻いているのが現状です。

津波の被災者は、素朴に「海がそこに見えるから、津波が来たことが分かるが巨大な防潮堤で海が見えなければ避難しないようになる」と、語っています。

つまり、命を守るための対策は、巨大な防潮堤があるか無いかよりも、ナカさんのような意識を持てるかどうかに掛かっていると言えるようです。

・災害の歴史から多くを学び、悲しみを共有できる社会とは

「縮災」とは、レジリエンスを高めることを目標としていますから、精神的な回復も早く成されなければなりません。

旧山古志村の村長で、中越地震で全村避難の経験を持つ長島忠美復興副大臣は、県内紙において 新潟は今後、どう被災地と関わるべきかの質問に対し「精神的に寄り添う関係を続けてほしい。」

「山古志村は中越地震で人口が減ったが、それ以上に交流人口が増え、今も全国の多くの人と連携が取れている。」

「被災者の近くにいる新潟県民が、そばでずっと見続ける、風化はさせない、というメッセージを送ってほしい」

関連記事
【長野県北部を震源とする地震】 栄村を視察

宮城県七ヶ浜町追悼行事参加と周辺視察の旅

私なりに、『縮災』という視点で見た場合の実例をあげてみました。

「巨大な費用(約26兆円)と、長い年月を投じ新たに防潮堤を築く」ことも、「そばでずっと見続ける、風化はさせない」ことも、被災者の生活再建に関しては、経済の活性化だけでは実現しません。

中小企業振興、良好な住宅再建、優れた都市計画など、社会基盤の充実が存在して初めて実現する事と言えるのではないでしょうか。

私たちにゆとりがないと、非常に難しいことです。

ちなみに、日本政府は 被害を小さくしできるだけ早く回復させる『縮災』を意味する
National (Community) Resilience(ナショナル コミュニティ レジリエンス)
を、「国土強靭化」と訳しています。

調べによると「政府から家庭までの共同体での人間活動」という意味のようです。

結局、余りにも難しくて 一人ひとりが出来ることを、やることに たどり着いてしまいました。

情けないことです……。






posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣講師の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

岩手県奥州市 佐藤常務理事による防災講演


NPO法人 防災サポートおぢやの、佐藤知己常務理事による防災講演の様子が届いておりますのでご紹介いたします。

佐藤常務理事が防災講演を行った奥州市は、岩手県の内陸南部に位置する市で2006年(平成18年)2月に平成の大合併により2市2町1村が新設合併して誕生した市です。

人口は約12万4千人、世帯数 43,658世帯

地域の中央を北上川が流れており、北上川西側には胆沢川によって開かれた胆沢扇状地が広がり、水と緑に囲まれた散居のたたずまいが広がっています。

奥州市は、東京電力福島第1原発事故に伴う放射能汚染で、汚染状況重点調査地域に指定されており、年間追加被ばく線量を1ミリシーベルト以下に抑えることを目標に、除染を進めています。
奥州市位置図

平成23年11月10日、「平成23年度あしたの日本を創る岩手県大会(奥州大会)地域コミュニティフオーラム」に佐藤知己常務が招かれ、〜 地域の絆を見直そう 災害に負けないまちづくり 〜 と題した講演を行ってきました。


奥州市役所江刺総合支所で行われた佐藤常務の講演


パネルディスカッションの様子


佐藤常務が講師を務めたこの防災講演から、多くの感想が寄せられました。

・ 内容が充実したディスカッションだった。
・ 災害は同一のものではない。災害に遭った時、何を優先さ
  せるか学んでおくしかない。
・ まずは自分、家族を助けるとの話はその通りだと思った。
・ 災害時に何をすべきか参考になった。

ほんの一部を掲載いたしましたが、まだまだ、たくさん頂いております。

このような、講演後の感想や意見などが防災サポートおぢやの宝となります。

行政関係者から自主防災組織の皆さん、また日頃から防災意識を持った多くの方々に、さらに有益な情報を提供できる充実した講演に繋げていくために、また一つ、大きな励みを頂きました。

ご感想やご意見を寄せて頂いた聴講者の皆様に、心から感謝を申し上げます。

お寄せいただいたご感想などは、次回にまた掲載いたします。

また、佐藤常務は南足利市にも招かれ、防災講演を行っております。
その様子も、後日お伝えいたします。


防災サポートおぢやの講師陣は、震災を体験した人々から構成されております。


生の体験を基に、実際的でお役にたつ情報を全国にお届けしております





posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣講師の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

風間講師からの謹賀新年

地震災害、地震防災対策サポートサイト
防災サポートおぢや

あけましておめでとうございます。

平成22年の元旦に、風間講師より年賀メールと城山(時水)の日の出の写真が届いておりますのでお届け致します。


新年明けましておめでとうございます。

皆様には よき新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。

昨年はひとかたならぬご高配にあずかり、心より感謝いたします。

本年も昨年以上にご鞭撻の程をよろしくお願いいたします。



城山(時水)の日の出

平成22年 元旦 城山384M山頂の日の出


風間さん、早々の年賀メール、ありがとうございました。

掲載が遅くなり申し訳ございません。

風間さんは、今年も各地で講演の予定がすでに入っていると聞いております。

全国の多くの地域に、「防災サポートおぢや」発のメッセージを精力的に届けて下さる事に心から敬意を表します。

そして、是非また多くの体験記を投稿して頂けるとうれしいです。

風間さんが運営している新潟県小千谷市本町自主防災会のホームページもご覧下さい。




本年も、どうぞよろしくお願い致します。



体験者だからこそ伝えられる、生身の情報

すぐに役立つ実際的な情報

防災サポートおぢやでは、生きた情報をその体験談とともに
全国の皆様にお伝えしております。





posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣講師の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

風間講師の体験記(4) 〜 語り部の見て歩き 〜

地震災害、地震防災対策サポートサイト
防災サポートおぢや

年度末、各地に呼ばれた地域に於ける、防災に対する感心度や地震対策の空気を吸い込んできました。
私が感じたままの率直な感想をブログに投稿。

とおっしゃる風間講師の体験記(4)をお届けいたします。

3月26日(木)埼玉県の羽生市人口57.503人、20.937世帯。

市の木はモクセイ、市花はふじで富士見市と同じである。
何処の都市に行っても、災害の少ない住み良い街と掲げている。

私の住んでいる小千谷市も四季がはっきりし、住み良い街として何処にも負けない地域と自負して来た。

しかしながら「予期せぬ出来事」は突然にやって来た。

日本何処でも何時起きても不思議ではない地震災害。

それゆえ私は、何処の地域でも災害に対しての自主防災会の活動、必要性を話している。

地縁的要素を主に皆で考えて行きたい。
また自主的に避難所を開設した時の大事な事柄について会場の皆さんと再確認し、気持ちを高めた所でした。

関東地方と信越地方とでは、まだまだ「地震災害」に対する関心度に温度差を感じた。

関東地方は地震保険の加入率も高く、防災会の組織率も高い。

我が新潟県は、大きな地震災害に遭遇したにもかかわらず、対策が後手に廻っている感じ。

千葉・東京・静岡・神奈川、人口密集地に住む大都会に暮す人達は皆、東海地震で予想される災害に危惧しているということ事が、聴講していた態度で見て取れた。

私達は、全国の皆さんから助けていただいた事を生涯忘れません。

感謝申し上げながら、これからも少しでも災害体験者として役立つものなら更に精進してまいりたいと思います。




大都市での地震災害は、阪神淡路大震災時のマスコミ報道で、都会に住む人達に大きな衝撃を与えたことでしょう。

また、東海地震が予想されていることから関東、東海地域の人達の関心度は高く、比較的安心とされている信越地方とでは、温度差が生じるのでしょうね。


風間講師さん、 精力的な語り部の見て歩き講演、本当に御苦労さまでした。




体験者だからこそ伝えられる、生身の情報

すぐに役立つ実際的な情報

防災サポートおぢやでは、生きた情報をその体験談とともに
全国の皆様にお伝えしております。



 
posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣講師の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

星野講師の体験記(1) 〜 明日に向かって生きる 〜

地震災害、地震防災対策サポートサイト
防災サポートおぢや


3月18日(水)、練馬区主催による「平成20年度 防災講演会」にNPO法人防災サポートおぢやの講師 星野 剛氏が招かれ、区民防災組織員・一般区民向けに講演を行ってきました。

星野講師の体験記(1)を要約してお届けいたします。


〜 明日に向かって生きる -中越地震被災体験から- 〜


新潟県中越地震 2004年(平成16年)10月23日午後5:56 M6.8


一番伝えたい要点


● 住宅の耐震補強 → 死んでは元も子も無い、まず一番は命。

私は中越地震が起きたとき自宅におりまして、午後5:56でしたので、丁度もうじき夕食というタイミングでした。

私は一階の居間でテーブルを前に座っていました、妻は隣の台所で夕食の支度。

当時13才で中一の娘は二階でPCを使っていて、11才・小五の息子は私と一緒に居間にいたんです。

(その時の詳細を説明しながら、地震発生直後の生き埋めから、救出作業の状況等の経過を話す。)


倒壊した星野講師の自宅

1階と2階部分が完全に押しつぶされ、屋根のみが残っている星野氏の倒壊した自宅



生き埋めから救出された後、自衛隊の先遣隊が来る迄の事

・緊急の避難所となった集会所や車庫のけが人と子供達の遺体(内1人は星野氏のご長男、管理人注)

 生き返らないと分かっていても施した救急救命措置。


その後、双発ヘリで空路信濃川の河川敷に運ばれ、住民は避難所に、けが人は病院に搬送。

私は子供達の3遺体と警察に…… 検死・葬儀屋・火葬・避難所合流。


● 非常用物資等の備え → 救助用具

たとえば発電機、ジャッキ、バール、チェーンソー等

また、私は車にペットボトルの水を常備しています。


● 行政サービスは無い

大規模災害の被災地になると行政関係者も被災者になる。

ライフラインが機能しなくなる事を想定していなければならない。

発生直後から暫くは自助・共助での活動になる。

公助が届くまでの行動が人命を決める。


● 最後に 〜 命の大切さ

被災して地域コミュニティーの大切さを痛感しました。

中山間地の小集落ならではの強い結び付きが、発生直後の住民同士による救助活動や長かった避難所や仮設住宅での暮らしで、助け合いや、共同作業等で非常にまとまりが有り役立ちました。

私も現在の住居での新興町内で親密な関係を構築していく事は大変な事だと思っていますが、入居世帯の皆さんが被災経験者であり、その重要性を身をもって知った住民同士ですので、親密な地域コミュニティーを築いて行きたいと思っています。

そして今ひとつ、妻がよく若いボランティアの方達に言っているんですが、

親より先に決して先立つ事の無いようにお願いしたいと。

これほど親不孝な事は無いので、今日は妻に変わりまして、私からも皆さんにお願いをします。



誰よりも辛く、悲しい体験をされた星野氏の説得力のある講演。

苦しみ、悲しみを抱えつつ、それでも尚、町内会長として地域の為に奔走された共助の精神。

防災サポートおぢやの講師陣は、みな、悲惨な体験を乗り越え

いいえ 未だにPTSDを抱えつつも、大災害時における具体的な行動、法的な制度などを、体験者だからこそ伝えられる生身の情報として多くの皆さんにお伝えしております。


管理人は、この様な防災サポートおぢやの講師陣を、誇りに思っています。


練馬区で講演の星野講師


練馬区で講演の星野講師

練馬区で講演の星野講師 (写真提供:ねりま減災どっとこむ様)




NPO法人防災サポートおぢやでは、生きた情報をその体験談とともに全国の皆様にお伝えしております。



posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣講師の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

風間講師の体験記(3) 〜 語り部の見て歩き 〜

地震災害、地震防災対策サポートサイト
防災サポートおぢや

年度末、各地に呼ばれた地域に於ける、防災に対する感心度や地震対策の空気を吸い込んできました。
私が感じたままの率直な感想をブログに投稿。

とおっしゃる風間講師の体験記(3)をお届けいたします。

     
〜 災害時の避難所の設営・運営について 〜

2月7日(土)、さいたま市桜区、人口94.220人、さいたま市は1.213.026人、平均年齢は41.56歳

うらやましい限りだ。

ここでは、町会の役員や自主防災会、消防組織の関係者が対象。

また2月19日(木)、同じく埼玉県富士見市、人口104.139人、43.867世帯では、町会長連合会主催の地域防災講演会が開催され、両会場も悩みは同様のものが多かった。

町会や防災会に加入しない世帯をどう取り扱うか。

任期毎に役員が換わる。

高齢者役員の多き事の現状を如何するか。

災害時の要援護者取り扱いを如何するか。

時々刻々変化が生ずる援護者の状態。

問題は尽きません。

只、大災害で生ずる地域コミュニティーの協力体制を如何構築するかを平常時に協議して体制を作っておくことが大切。




さいたま市の平均年齢が 41.56歳!

さて、高齢化率が高い我が小千谷市の平均年齢は?



体験者だからこそ伝えられる、生身の情報

すぐに役立つ実際的な情報

防災サポートおぢやでは、生きた情報をその体験談とともに
全国の皆様にお伝えしております。



posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣講師の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

風間講師の体験記(2) 〜 語り部の見て歩き 〜

地震災害、地震防災対策サポートサイト
防災サポートおぢや


年度末、各地に呼ばれた地域に於ける、防災に対する感心度や地震対策の空気を吸い込んできました。
私が感じたままの率直な感想をブログに投稿。

とおっしゃる風間講師の体験記(2)をお届けいたします。

     
〜 災害に生かせ、自治会の総力 〜

1月18日(日)神奈川県厚木市 人口226,520人、世帯数94,519の大変大きな市です。

自主防災隊連絡協議会主催の平成20年度市民防災研修会が開催されました。

厚木市は昭和44年、良い社会人に成長させるため、家庭の「しつけ」また「親孝行都市宣言」がされ「心豊かな人間性のかんよう」を市民運動にしています。

子供への「しつけ」として、あいさつのできる子・ありがとうといえる子・めいわくをかけない子きまりの良い子・進んでしごとをする子・なかよくする子供、以上の7項目です。

私は市を挙げて取り組む姿勢に感動し、この様な環境で育つ子供達に、何時起こるか知れない大災害に遭遇した後起りうる大被害の後始末を、この子に残す事の無いよう、皆で努力しなければ、子供が段々と少なくなると言われるこの子供達に負を残さない為にも、家屋の耐震対策を進め、命を守る努力が必要と痛感したところです。

文化会館に700名以上か?、小林常良市長の挨拶で関東大震災から数十年、マグマのエネルギーが溜まってきている事に危惧していると話された。

神奈川・静岡・山梨・東京・千葉の関東地方での東海地震を皆危惧していました。

厚木市議会議員の栗山香代子さんの活動レポートブログに、実体験だから説得力があり納得できた研修会と結んで頂いた。

また栗山かよ子さんのブログに、東北訛りのある親しみがあり、実体験された話と「ごっちゃんトンとことん」でも紹介と感想が載せられていました。

私は防災組織の基となるものは「ひとづくり」「ものづくり」「しくみづくり」この連鎖だと強調して来ました。




厚木市の「親孝行都市宣言」に入たく勘当されたご様子の風間講師。

「心豊かな人間性のかんよう」を市民運動にしている厚木市の子供達に負の遺産を残さないように、家屋の耐震対策を進め、

命を守る努力が必要と訴えてこられた風間講師は、


震度6がどのような揺れなのかを説明するために

「こんな状態で、とても避難できない。火も止められない。」と

舞台で四つん這いになってみせたそうです。


会場をも巻き込んで、飽きさせない演出には脱帽です。



厚木市で講演の風間講師


厚木市で講演の風間講師

厚木市で講演の風間講師




体験者だからこそ伝えられる、生身の情報

すぐに役立つ実際的な情報

防災サポートおぢやでは、生きた情報をその体験談とともに
全国の皆様にお伝えしております。

講師派遣(語り部の会)

 
posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣講師の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

風間講師の体験記(1)

防災対策、地震対策サポートサイト
防災サポートおぢや

2009年という新しい年がスタートしましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

アメリカでは、オバマ政権(民主党)がスタートしますが、過去の歴史から考察すると、アメリカの民主党が政権を取ると日本に只ならぬ影響を及ぼすと言われております。

もちろん悪い意味で

日本にとって最も懸念される事は、米中の関係です。
日本を無視し、中国との関係強化は、アジアにおける日本の立場に重大な影響を及ぼすからです。

さて、国際情勢に関しては一先ず置いといて、本題に入ります。

防災サポートおぢやでは、年間を通し講師(語り部)の皆さんが全国各地で活躍されていますが、風間講師からの投稿をご紹介いたします。

以下、全文をそのまま掲載いたします。

11月27日(木)
富山県下新川郡上市町、人口23000人要 名峰剣岳を町のシンボルとし、古くから物資の流通の中心とし「市(いち)」が開かれた商業の町として栄えました。

上市町自主防災会連絡協議会研修会で講演し、開口一番

皆さんの上市町は大地震が来ますか
一人だけ手が挙がりました

地震は来ないと思う方
誰も手が挙がりませんでした

皆さんは大きな災害に遭遇したくないという素直な気持ちの表れだと言いました。

演題を「災害に生かせ・地域の総力」と題して90分
また災害時要援護者避難支援制度と防災会の対応についても話してまいりました

参加した皆さんが真剣にとりくみ、あらためて関心の深さを知り、中越大震災の教訓を大勢の方々に伝いたいと思っております。

今度はデジカメで会場を取って貼り付けます。


以上です。

風間さん、ありがとうございました。

各地の自主防災会の皆さんが一番関心のある事は、やはり地震災害時の自主防災会の対応についてのようですね。

具体的にどのように行動したらよいのか
法的な制度はどうなっているのか

体験者だからこそ伝えられる、生身の情報

すぐに役立つ実際的な情報

防災サポートおぢやでは、生きた情報をその体験談とともに
全国の皆様にお伝えしております。




posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 派遣講師の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする