2011年12月24日

防災サポートおぢやの関理事長が行った講演から貴重な感想が寄せられています。


平成23年10月、NPO法人防災サポートおぢやの関理事長による講演「平成23年度 まちづくり講座」が、愛知県豊川市の職員向けに開催されました。

この講演で、受講された山脇市長はじめ市職員、消防関係者の皆さんから感謝の声とアンケートの結果が届けられました。

「平成23年度 まちづくり講座」愛知県豊川市長より感謝の声



防災サポートおぢやの、関理事長が行ったこの講演から、とても貴重な感想が寄せられています。

愛知県豊川市「平成23年度 まちづくり講座」アンケートの結果

赤い の所です。3つあります。


1つ目は

> …… 災害が起きた後の職員がどのように動いているのか、うまく想像できないところがあったが……

この部分です。

身重って体験しない事柄を、想像だけで補うのは至難の業です。

防災、減災に対して、何がわからないのかが わからないからです。

ですから、実際に体験した講師から直に話を聞くことは、そのわからない部分を堀起こし、意識を隆起させる効果があります。

> 現場のリーダーだった人からの話を聞けたことで、その片鱗を捉えることができた。

そうです。片鱗を捉えることから始まるのです。

防災関係者だけではなく、全職員が共通認識のもとに自分に課せられた役割は何か、どのように行動すべきかを日頃の訓練と、マニュアルに沿った行動ができるように絶えず意識をしていることが重要になってきます。


2つ目は

> ……豊川市でも災害が起こる確率が高いため、とても参考になりました。災害前にとっておいたほうが良い対策などの話をもう少し聞きたかったです。

この方が、今現在どこの部署に所属しているのかわかりませんが、災害前にとっておいたほうが良い対策は担当部署によって違ってくると思います。

ですが、ご自分の今現在の仕事を念頭において、事前の対策はどのようなものがあるのかを考えながら受講されていたのだと思います。

心構えがご立派だと感じました。

もっと詳しく知りたいと思う気持ちが、次の行動に繋がっていくのだと思います。

もう少し聞きたいと思っていただける講演は、防災サポートおぢやの得意とするところです。いつでも聞いてください。

3つ目は

> ニュースなどでは聞くことのできない話や、実際に職員が実感するであろう場面などの苦労話が聞けて参考になりました。私が一番聞きたかった義援金、弔慰金の話がもっと聞けたらよかったです。

この感想も、上記と同じです。義援金、弔慰金とは何か から始まって、災害時にどのように扱ったらよいのかなど、明確な意識をもって受講されていたのだと思います。

そのような内容を、もっと詳しく知りたい、聴きたいと思っていただけて光栄です。


関理事長はじめ、防災サポートおぢやの講師陣は、このような疑問にいつでもお答えできる準備は整っています。

行政関係者だけではなく、町内で組織している自主防災組織、災害時の医療対応など様々な分野で多くの講師陣が、その実体験から適切なアドバイスをすることができます。


豊川市で受講された皆様、貴重なご感想をありがとうございました。


もっと聴きたい、もっと知りたい と思う気持ちがもうすでに、減災の第一歩なのです。

何しろ、予期せぬ出来事は突然にやってくるのですから……。






posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 感謝の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

愛知県豊川市「平成23年度 まちづくり講座」アンケート結果


平成23年10月、NPO法人防災サポートおぢやの関理事長による講演「平成23年度 まちづくり講座」が、愛知県豊川市の職員向けに開催されました。

この講演で、受講された山脇市長はじめ市職員、消防関係者の皆さんから感謝の声が届けられました。


「平成23年度 まちづくり講座」愛知県豊川市長より感謝の声



また、アンケートの集計結果も届きましたので掲載いたします。


1 今回の「まちづくり講座」について(出席者56人)

 (1)テーマ

   ・ 適当であった   (52人)
   ・ 不適当であった  ( 0人)
   ・ どちらともいえない( 4人)

 (2)講師

   ・ 適当であった   (50人)
   ・ 不適当であった  ( 0人)
   ・ どちらともいえない( 6人)


防災サポートおぢやの、関理事長が行ったこの講演から、とても貴重な感想が寄せられています。


2 感 想

(Web管理者樋口=数多く寄せられていますので、一部抜粋して掲載します)

■ 災害が多く発生している最近、とてもタイムリーなテーマでとても参考になったと思います。
 実体験に基づいた講演だったのでわかりやすかったと思います。

■ 私は、今までは災害にあっても助けられる立場にありましたが、講座を聞いて、自分が第一線で行動しなけれいけないという意識が芽生えました。
お話の中で、災害が発生した時期によって対応が異なるとありましたが、確かに大型地震は冬場に頻発していることから、夏季に発生した場合の行動についても考えていきたいと思います。

■ 講師の方は、元市長という事だったので、概略の講演で終わるのかと思っていましたが、市の人口規模や現在の職業も関係するのか、かなり現場の詳細な部分の話を聞くことができ、有意義な講座でした。

■ 実際に震災被害を受けた講師ならではの講演内容で、防災、減災に対する意識の重要性を再認識できました。

■ 災害を経験された自治体の実体験として、各方面のマニュアルに出てこない声が聞けてとても参考になった。

■ ゲームのようにシナリオがあるわけでもないので、最終的に住民、職員の「心構え」と対応力に頼らざるを得ないと改めて思いました。

 大震災が起きた時の自治体の対応を、追体験できるような内容でとてもよかったと思う。災害が起きた後の職員がどのように動いているのか、うまく想像できないところがあったが、現場のリーダーだった人からの話を聞けたことで、その片鱗を捉えることができた。

■ 改めて知らされたことは、地方自治体の最終使命は、「住民の命と財産を守ること」でした。

■ 時間をもう少しかけて、話をしていただきたかった。

■ 一般市民にぜひ聴いていただきたい内容である。災害復旧には実地の経験が必要であり、多くの職員を派遣するべき。

■ 住民との情報の共有・伝達という点で、非常に勉強になりました。

■ 体験をもとに項目別に説明、反省点などの内容で分かりやすかった。自分が直面したときに市職員として行動できるか不安があるが、災害に対する意識が向上したと思う。

■ 自分は消防団の分団長もしているので、防災に対してはかなり興味があったので、勉強になった。
机上の訓練等はやはり必要だと思った。

■ り災証明について一度調べてみようと思いました。建物被害認定調査についても調べておこうと思いました。

■ なかなか聞くことのできない震災の話をしていただいたのは、非常に勉強になりました。私自身は大きな震災にあったことはないのですが、想像でトイレが一番問題になるだろうと思っていました。
実際にお話を聞いて、そのとおりなんだと感じました。
他にもマスコミや国、県などの対応の大変さなど、考えもしなかったことが非常に多く、勉強になりました。

■ トイレの備えを増やすとともに、非常用トイレを各自で備える、生活用水(雨水、井戸水)の確保など、今のうちに対策を増やしておくべきだと感じた。

 小千谷市に災害があった時は、富山県に住んでおり、とても身近な出来事であったと感じており、毎日ニュースで名前が出ていました。こうやって当時のこと、実体験のお話を聞くと、思っていた以上に大変であったと感じました。
また、豊川市でも災害が起こる確率が高いため、とても参考になりました。災害前にとっておいたほうが良い対策などの話をもう少し聞きたかったです。

 ニュースなどでは聞くことのできない話や、実際に職員が実感するであろう場面などの苦労話が聞けて参考になりました。
私が一番聞きたかった義援金、弔慰金の話がもっと聞けたらよかったです。

 
以上です。まだまだ多くの感想が寄せられていますが、割愛させて頂きます。


防災サポートおぢやの、関理事長が行ったこの講演から、とても貴重な感想が寄せられています。

赤い ■ の所です。3つあります。

この続きは次回で掲載します。


愛知県豊川市で行われた「平成23年度 まちづくり講座」は、NPO法人防災サポートおぢやが講師を務めました。



posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 感謝の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

「平成23年度まちづくり講座」愛知県豊川市長より感謝の声


平成23年10月、関理事長による講演「平成23年度 まちづくり講座」が、愛知県豊川市の職員向けに開催されました。

この講演で、受講された山脇市長はじめ市職員、消防関係者の皆さんから感謝の声とアンケートの集計結果が届きましたのでお知らせいたします。


愛知県豊川市 人口 181,762人
世 帯 数      65,445世帯


山脇 実 豊川市長の手紙を掲載いたします。


拝啓 晩秋の候ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

このたびは、まちづくり講座に際しまして、ご多忙中にもかかわらず、熱心なご講義をいただき、誠にありがとうございました。

おかげをもちまして、受講者は深い感銘を受け、所期の成果を収めて終了することができました。

これを機に、改めて私たちが被災時に何ができるかを考え、自治体の最終使命である『住民の生命と財産を守る』ことができるよう、職員一同、防災意識を高めてまいりたいと思います。

今後とも、本市に対して、一層のお力添えをいただきますよう心からお願い申し上げます。

なお、研修においてご指導をいただいた職員のアンケート集計結果を同封いたしましたので、ご覧いただけたら幸いに存じます。

時節柄ご自愛のほどお祈り申し上げます。
                              敬具

NPO法人防災サポートおぢや
理事長 関 広一 様
           
                  豊川市長  山脇 実


ここまで


山脇市長さん、ありがとうございました。

本当に、このような感謝の言葉が防災サポートおじやにとって、何よりの励みになります。

また、アンケート結果までお寄せいただき、ありがとうございました。

貴重な資料として、今後の活動に役立てていきたいと思っております。


体験者の生の声、避難所の問題やトイレ、ボランティアの組織など数々の問題に直面した時、どのように行動すればよいのか

市民の生命と財産を守るとは、どういうことなのか

NPO法人防災サポートおぢやは、各分野に渡り多彩な講師陣が、豊川市をはじめ全国でお役にたっております。


講師(語り部派遣)はこちらからどうぞ




次回は、「平成23年度 まちづくり講座」アンケートの集計結果をお届けします。



posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感謝の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする