2016年04月16日

中越地震に似ている熊本地震、3地域で同時多発的

気象庁の青木元・地震津波監視課長は、余震の状況が最大震度7だった中越地震に似ているという。


熊本、大分両県にある活断層と震源


気象庁は、14日午後9時26分に発生した地震を前震
(M6.5 最大震度7 震源の深さ11km)

16日午前1時25分に発生した地震を本震
(M7.3 最大震度6強)とした。

本震は、1995年の阪神大震災と同規模。
九州内陸部の地震では過去100年で最大級という。

新潟県中越地震=2004年(平成16年)10月23日17時56分発生
M6.8 最大震度7 震源の深さ13kmの直下型地震。


熊本地震

・14日から16日22時現在の死者数 41人。

・熊本県内では16日午後2時半現在、686か所の避難所に約9万人が避難。

・全半壊・一部損壊の被害 住宅や公共施設など936棟。


救助活動を行う自衛隊員
地震で倒壊した家屋で救助活動を行う自衛隊員=16日午前、熊本県益城町(防衛省自衛隊提供)


熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県で規模の大きな地震が相次いでいることについて、気象庁の青木元・地震津波監視課長は16日午前の記者会見で、三つの地域で別々の地震が同時多発的に発生しているとの見解を示した。

16日午前1時25分に発生したマグニチュード7.3の地震(本震)が影響していると考えられるという。

M7.3の本震は、14日発生した熊本地震の原因の「日奈久(ひなぐ)断層帯」とその北側の「布田川(ふたがわ)断層帯」が交わる場所のやや北で発生した。

その後、北東側で地震活動の高まりがみられ、午前3時55分には熊本県阿蘇地方でM5.8(最大震度6強)、午前7時11分には大分県中部でM5.3(最大震度5弱)の地震が相次いで発生した。

気象庁はこれらの余震域が離れていることから、それぞれ別の地震と判断。

青木課長は「広域的に続けて地震が発生したケースは近代観測が始まって以降は思い浮かばない」と話した。


余震の多くは、本震を引き起こしたとみられる布田川(ふたがわ)(全長約64キロ)、日奈久(ひなぐ)(同81キロ)の両断層帯が交わる周辺で発生した。

益城町での死者も、ほぼこの断層帯に沿っている。

この付近の地下構造は複雑で、まだ揺れを引き起こしていない部分があり、これらが余震が多い原因とみられる。


余震の状況が似ているのは、同じ最大震度7だった中越地震だ。

同じように地下構造が複雑で、本震から4日後に震度6弱、10ヵ月後に震度5強の余震が発生した。

青木元課長は「中越地震では本震と近い規模の余震が何回もあった。」

「断層面がいくつもあり、地面の中で複雑に岩盤が壊れていたためだ」と説明。


佐藤比呂志・東京大地震研究所教授(構造地質学)は「日奈久は非常に長い断層で、今回その北端の5分の1程度が割れたとみられる。

「今後も大粒の余震が起きる可能性は否定できない」と警戒する。


今回の震源近くには、熊本県の阿蘇山や長崎県の雲仙岳などの活火山がある。

井村隆介・鹿児島大准教授(地質学)は「今までも阿蘇山は何回も活発化しているが、こうした地震は起きておらず噴火の影響も考えにくい」と指摘。

「小さな変動も見逃さないように、より慎重に観測を続けるべきだ」と話す。








posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成28年熊本地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック