2016年04月15日

「平成28年熊本地震」発生!

平成28年4月14日午後9時26分ごろ発生した熊本地震で、甚大な被害を受けられた被災者の皆様に、心からお見舞い申し上げます。


被害を受けた熊本城
地震で瓦が崩れた熊本城、天守にあったしゃちほこが2つともなくなっている。(15日午前、熊本市中央区)=共同


地震で倒壊した家屋
地震で倒壊した家屋=熊本県益城町(2016年04月15日)=時事

益城町役場前に避難した人々
益城町役場前に避難し、余震が続く中、毛布にくるまる人たち(15日午前1時ごろ)=共同


平成28年4月14日午後9時26分ごろ、熊本県を震源とする地震があり、同県益城町(ましきまち)で震度7の揺れを観測した。

主な各地の震度は次の通り。

震度7 =熊本県益城町
震度6弱=熊本市、熊本県玉名市、宇城市、西原村
震度5強=熊本県菊池市
震度5弱=宮崎県椎葉村。


気象庁によると、震源の深さは約11キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.5と推定される。
震度7の揺れが記録されたのは2011年3月の東日本大震災以来。

熊本県などによると、死者9人、負傷者1,000人超、多数の家屋が倒壊。

気象庁は、地震のメカニズムについて、南北方向に引っ張られる「横ずれ断層型」と説明した。
この地方では一般的なメカニズムとしている。

一般的に震源の浅い地震は余震が多くなる傾向がある。

余震が最も多かった中越地震(04年)は今回の地震と同じ最大震度7で、本震から4日後に震度6弱、10カ月後に震度5強の余震が発生した。

同庁の担当者は「新潟県中越地震では断層が複雑に破壊されていた」と指摘。

今回の余震の多さも同じ理由による可能性があるとみている。

余震の揺れが大きいのは震源が浅いためという。


気象庁は、今後も1週間程度余震が続く可能性があるとして、警戒を呼び掛けた。

熊本県警などによると、益城町に被害が集中。熊本県内の110番は590件に上った。

熊本県益城町では、停電のため14日午後11時半ごろから約11時間、余震が起きても震度計のデータを気象庁に送信できなくなった。

町などによると、役場内に同町唯一の震度計があるが、停電と非常用バッテリーを使い切ったことで機能を停止した。
15日午前10時半ごろに復旧したという。


九州電力は、佐賀県の玄海原発に異常はない。鹿児島県の川内原発は運転を続けている。

また、熊本県内で約1万6,700戸が停電。
約3万8,000戸でガスの供給が止まっているという。



■ 生後8ヵ月の赤ちゃんを救出! 

救出された赤ちゃん

救出された赤ちゃん
倒壊家屋から無事救出された生後8カ月の女児=15日午前、熊本県益城町(警察庁提供)

暗闇の中、民家が光に照らされ、重機の音が響く。震度7を観測し、被害が特に大きい益城(ましき)町では、警察や消防、自衛隊による懸命の救出作業が進められた。

同町安永の木造2階建て民家。地元消防によると、地震発生直後、1階がつぶれ、1階で一人で寝ていた生後8ヵ月の女児が閉じ込められた。

たびたび襲ってくる余震のため、救出作業は難航したという。

15日午前3時45分ごろ、民家から女児が救出された。
毛布にくるまれ、救急隊員の腕の中に、しっかりと抱きかかえられている。

周囲の消防隊員らから、拍手と歓声が上がった。

消防によると、母親は自力で脱出できたものの、女児が屋内に取り残された。このため、屋根にドリルで穴を開け、そこから入った隊員が手作業で障害物を取り除いた。

5分ほど作業をしては家屋の外に出て、余震がこないか様子を見ては再び作業を始める、という繰り返しだったという。

女児が救出されたのは、地震発生から約6時間後。はりなどの隙間でできた空間にいたため、頭部の打撲がある以外は目立ったけがはなく、命に別条はないという。



脱線した九州新幹線
脱線した九州新幹線の回送列車=熊本市(2016年04月15日)=時事

国土交通省によると、九州新幹線はJR熊本駅から熊本市内の車両基地に向けて回送中の九州新幹線800系(6両編成)が脱線した。

乗客は乗っておらず、運転士にけがはなかった。
全車両が脱線して復旧の見込みは立っていないという。



■ 熊本県益城町

所在地
〒861-2295
熊本県上益城郡益城町大字宮園702
・人 口:34,499人
・世帯数:13,455世帯
・町の木 マキ
・町の花 ウメ
・町の鳥 ウグイス
町長 西村 博則



災害大国である日本、天災の宿命とどう向き合うかという課題について「縮災」という考え方をご紹介した先に、またもや大災害が起こってしまいました。

大震災から5年「縮災」の視点とは

大震災から5年 歴史は警告する。


中越地震を経験している私たちは、とても人事とは思えません。


”出来ることを、今すぐに ”という精神で活動をしています。





 
posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成28年熊本地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック