2012年06月25日

NPO法人防災サポートおぢや 第4回定期総会が開催されました


去る6月14日、NPO法人 防災サポートおぢや 第4回定期総会が開催されました。

多数の出席者を前に関理事長は、防災サポートおぢやの主要な使命は講師派遣事業である。
その講演を聴講された人の中から、強化ダンボールで作ったトイレを商品化した人もいる。

また、自主防災会の講演には風間久司講師への依頼が多く、その労をねぎらうと共に全国各地で自主防災に対しての関心が高い。積極的に講師を派遣して行く。

そして、東日本大震災発生から佐藤和美講師を中心に、継続して支援している石巻市の斎藤病院グループをはじめ、佐藤講師は福祉関係の講演を一手に担っている。今後も引き続き支援して行く。

関理事長は、総会でのあいさつでこのように述べ、また、新規会員の増強にも務め、今後の運営に精力的に取り組んでいく姿勢を強調されていました。

防災サポートおぢや
第4回定期総会
関理事長のあいさつ


議事の進行にあたり、議長に田中 淳氏を選出し、平成23年度の事業報告並びに決算報告、平成24年度の事業計画並びに活動予算は、佐藤知己常務理事から説明があり、いずれも可決されました。

議長の田中 淳氏

議長の田中 淳氏


総会で説明される佐藤常務理事

総会で説明される佐藤常務理事


また、役員の任期満了による改選が行われ、新たに2人の理事が加わり、役員体制の強化をはかりました。

新しく理事に就任された風間久司氏は、防災サポートおぢやの講師も務めており、精力的に全国各地で講演をされています。

新しく理事に就任された風間久司氏

就任のあいさつをされる風間久司新理事


新しく理事に就任された広井年郎氏は、建築家で特に雪国に適した住宅建築などを得意としており、数々の賞も受賞している小千谷を代表する建築家です。

防災サポートおぢやでは、住宅や店舗などの耐震補強を担当しています。

新しく理事に就任された広井年郎氏

就任のあいさつをされる広井年郎新理事


NPO法人 防災サポートおぢやの理事及び講師陣は、2004年10月23日午後5時56分に発生した新潟県中越地震の時に、行政をはじめ、議会、ボランティア、消防、町内自主防災会などで先頭に立ち、精力的に市民の安全と財産の保持に粉骨砕身してきた強者で構成されています。

地震に備えるための生きた情報、体験者の生々しい情報をお届けすることができます。




懇親会に出席された宮崎悦男県議会議員は、「中越地震から8年経過した今だからこそ言える事がたくさんある。県会の一般質問の内容に必ずいれている。」と話され、中越地震を風化させないように努力されている旨を報告されました。

懇親会であいさつされる宮崎悦男県議会議員

宮崎悦男県議会議員


和やかな懇親会の様子です。

懇親会




posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック