2011年11月10日

復興の歩み後世に「新潟県中越地震7周年」祈念行事(2)


去る10月23日、中越大震災から7周年の祈念行事が各地で開催されました。





おぢや震災ミュージアム そなえ館 もオープンし、当日の来場者は1800人(主催者)の人出で賑わいました。

おぢや震災ミュージアム そなえ館 は、小千谷市を訪れる方に、地震の疑似体験と地震発生から復興までの月日をたどることで「備える」ことの大切さを伝えていくための施設です。

中越大震災で甚大な被害を受けた小千谷市と、長岡市の4施設と3つのメモリアルパークを結ぶ、中越メモリアル回廊の1施設となります。

当日行われたそなえ館オープニングイベントには、防災サポートおぢやの講師 風間久治氏も招かれパネルディスカッションに出席し、活動の紹介や提言を行いました。


また、おぢや震災ミュージアム そなえ館オープンにあたり、その準備段階の会議で準備室は、市外から人員を派遣する構想でした。

防災サポートおぢやは、小千谷で起きたことを説明する係員は、小千谷市在住で中越地震を体験した人がふさわしいと、強く申し入れました。

その提言は本当に重要なことで、小千谷市民や防災に関係している団体がその運営に係わることが出来る数少ない場とならぬような意味合いもありました。

その結果は…… 却下されました。

が、その後 小千谷市の再度の強い申し入れで実現し、小千谷市在住の2名が採用されことになりました。

私見ですが、運営母体である、社団法人中越防災安全推進機構は現在、長岡市、長岡市にある大学及びその出身者が中心となって運営されています。

中越地震で甚大な被害を蒙った山古志村、川口町は、平成の大合併で長岡市に編入されています。

小千谷市は、…… 単独

力関係で言えば、歴然とした差です。

辛うじて、小千谷からは宮崎県議が理事として役員に名を連ねています。

今後の運営や、防災関連の活動に小千谷がもっと関わることが出来るように期待するものです。


おぢや震災ミュージアム そなえ館 受付

そなえ館 受付


一般公募で小千谷市内から採用された小池さんと、和田さんです
小池さん(中央)和田さん(右)


和田さんは「採用されてうれしい。子供たちの課外学習に、ぜひ役立ててほしい」と、語っていました。


館内では、小千谷から全国に向けて防災に関する情報を発信している団体も紹介されています。

防災サポートおぢやも、紹介されています。

小千谷発 全国へ教訓を発信

小千谷発 全国へ教訓を発信のコーナー

NPO法人防災サポートおぢや  おぢや復興ネットワーク

クリックすると見やすくなります。


おぢや震災ミュージアム そなえ館 の特徴は、マグニチュード6.8 震度7の巨大な直下型地震、新潟県中越地震が発生してから3時間後〜3日後〜3ヶ月後〜3年後と時系列で展示されており、地震発生から復興の過程が視覚的にわかりやすくなっていることです。


中越地震発生から3時間後〜3日後〜3ヶ月後〜3年後の展示室
中越地震発生から3日後   中越地震発生から3年後



また、「地震動シミュレータ」が設置されており、新潟県中越地震の実際の波形を再現し、震度7の強烈な横揺れを体験することが出来ます。

私は、怖くて体験できませんでしたが……。

地震動シミュレータ

地震動シミュレータ入口

地震動シミュレータ 地震動シミュレータ



他にも「17:56シアター」で、地震の様子を大型スクリーンで体験することが出来ますが、少し物足りない感じがしました。

時間も短く、内容も余りなく、最初に体験する(順路1)所ですから、もう少しインパクトが欲しかったなと思いました。

このシアターと、地震動シミュレータを組合せれば、もっと臨場感、リアル感が出せたかもしれませんね。


他に、市内各地の避難所や仮設住宅、タッチスコープで震災の体験談が聞けるほか、防災レクチャールームがあり、防災学習もできるようになっています。

一度、訪れてみてはいかがでしょうか。 


池ケ原のビニールハウスを利用した避難所と仮設住宅

ビニールハウスを利用した避難所 仮設住宅


行政支援のパネルと医療支援


行政支援のパネル 医療支援



場  所 : 新潟県小千谷市上ノ山4丁目4番地2
        小千谷市民学習センター「楽集館」2階

開館時間 : 午前9時〜午後5時

休 館 日 : 毎週水曜日、12月29日〜1月3日

入 館 料 : 無料

T E L : 0258−89−7480



防災サポートおぢやは、中越大震災を体験した人々で運営されているNPO法人です。

平常時からの地震対策がいかに大切なことか、身重って経験しています。

多分野にわたり多彩な講師陣が、全国から招かれお役にたっています。



震災体験者が語る、防災、減災への教訓




posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。