2011年06月29日

平成23年度第3回定期総会が開催されました

地震災害、地震防災対策サポートサイト
防災サポートおぢや


去る6月16日、NPO法人 防災サポートおぢやの定期総会が開催され、平成23年度の事業計画など上程された議案はすべて可決されました。

関理事長は、「 東日本大震災の支援の方法などについて、いろいろな所に提言し実のある支援をしていきたい、支援体制も充実させたい 」

また、「 大震災以降、西日本など遠隔地からの講演依頼が増えているが、語り部は大勢いるのですべての要請に応えたい 」と語りました。



平成23年度事業の重点項目は、従来の講師派遣事業に加えて東日本大震災に係わる支援事業になるかと思います。

特に、5月27日に佐藤理事(元小千谷総合病院看護部長)の案内で石巻市の医療法人社団「 仁明会 」斎藤病院を訪問し、必要とされる支援物資の聴き取りを行い、夏物衣料や自転車などを送ることを決めました。

斎藤病院は、今年の1月に講師派遣の依頼を受け、佐藤理事が震災体験の講演を行っておりその後も交流が続いていました。

また、9月頃に岩手県陸前高田市など、支援を必要としている被災地を訪問し、ボランティア活動を行うと共に、被災状況を視察し、風評被害に遭っているホテルなどに宿泊する(1泊2日程度)ことも予定されています。


石巻市の斎藤病院を訪問した様子は、こちらからご覧になれます。

防災サポートおぢやでは、震災後2回の募金活動や液状化現象が著しかった浦安市と、長野県北部を震源とする地震で被災した栄村の視察、また、総合体育館に避難された方のボランティア支援などの活動を行ってきました。

第1回救援募金活動の様子
第2回救援募金活動の様子
栄村の視察
浦安市の視察
総合体育館でのボランティア活動


第3回定期総会、懇親会の様子です。


関理事長の挨拶

総会で挨拶された関理事長


佐藤常務の事業報告

事業報告をされる佐藤常務


宮崎県議の挨拶

総会で挨拶される宮崎悦男県議会議員


和やかな懇親会の様子です。

懇親会の様子

懇親会の様子




防災サポートおぢやは、中越大震災を体験した人々で運営されているNPO法人です。

平常時からの地震対策がいかに大切なことか、身重って経験しています。

多分野にわたり多彩な講師陣が、全国から招かれお役にたっています。





posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック