2011年03月11日

国内観測史上最大M8.8 東北地方太平洋沖地震発生!

小千谷から発信⇒地震災害、地震防災対策サポートサイト
防災サポートおぢや

2011年3月11日午後2時46分頃、宮城県北部で国内観測史上最大のM8.8の地震が発生。

震度7を観測するこの地震で、津波や火災が発生し、多数の死傷者が出ている。

気象庁によると、震源地は三陸沖の牡鹿半島の東南東130キロ。震源の深さは約10キロ。
地震の規模を示すマグニチュード(M)は8.8。

震度速報で宮城県北部で震度7、福島、茨城、栃木県などで震度6強
岩手、群馬、埼玉県、千葉県で震度6弱を記録した。

福島県では7メートルを超える大津波が観測されるなど、北海道から沖縄県にかけての広い範囲に津波が押し寄せている。

気象庁は、太平洋側を中心に、全国の沿岸各地に大津波警報と津波警報を出して厳重な警戒を呼びかけるとともに、余震の揺れにも警戒するよう呼びかけている。

また、この地震により政府は、3月11日19:03分原子力緊急事態宣言を発令した。

枝野幸男官房長官は同日夜、同原発から半径3キロ以内の住民は避難し、3キロから10キロまでの住民は屋内に待機するよう指示したと発表した。

枝野氏は記者会見で、「(同原発の)炉の一つが冷却できない状態になっている。放射能は炉の外には漏れていない。今の時点で環境に危険は発生していない」と述べた。

経済産業省原子力安全・保安院によると、東電から同法に基づく通報があった。外部電力の供給が止まった後、非常用ディーゼル発電機が起動せず、緊急炉心冷却装置(ECCS)が作動できない異例の状態になった。

電気を必要としない一部冷却系も、弁が動かないため炉心を冷却できないという。東電は、各地から非常用の電源車を現場に差し向けたが、復旧は遅れた。


福島第一原発

福島第一原発(NHK提供)


福島第一原発

福島第一原発


福島県内の各地の消防によると、同県北部の海岸部では津波によって新地町から南相馬市まで約30キロの住宅が壊滅状態。計4000世帯が水浸しだという。

宮城県名取の津波

宮城県名取の津波にのみ込まれる住宅(時事通信)


津波の後に発生した気仙沼の火災

津波の後に発生した気仙沼の火災



3月12日午前3:50現在、確認された死亡者数155人。
遺体安置所になった南相馬市の県立原町高校には、夕方から白い布に包まれた遺体が次々と体育館に運び込まれた。





posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。