2010年01月25日

警告されていた!ハイチ大地震(3)

地震災害、地震防災対策サポートサイト
防災サポートおぢや


2010年1月12日午後4時53分(現地)、日本時間2010年1月13日午前6時53分
カリブ海のハイチでM7.0の地震が発生。

震源は首都ポルトープランスの南西約15キロ
震源の深さは約10キロ。



国連人道問題調整事務所(OCHA)は、ハイチ政府が22日午後4時(日本時間23日午前6時)で生存者の捜索・救助段階を終了した、と宣言したことを明らかにした。

新たな生存者の救出がほとんどなくなっているための措置とみられる。

国連によると、ピーク時には67チーム計1918人の国際救助隊が活動し、21日までに132人が救出された。

AP通信によると、ラセグ情報相は24日、これまでに15万人以上の遺体を収容したと語った。

一部の救助隊は活動を続けているが、今後の国際支援は約300万人の被災者への食糧支援や仮設住宅の建設、インフラ復旧など復興支援に重点が移ることになる。

ハイチ政府は、地震の影響を受けていない地方に親類らがいる被災者は、首都ポルトープランスを離れるよう勧めており、これまでに政府支援で約13万人が首都を脱出した。

国連食糧農業機関(FAO)は、首都や南部ジャクメルなど主な被災地から地方へ脱出する人は約100万人に達すると推計している。

約900万人の総人口のうち、約半数は地方に暮らすが、うち8割は1日1ドル以下での生活を強いられており、地方へ流出した被災者への食糧支援なども課題になる。

屋外に設置された避難所

屋外に設置された避難所の様子



1月24日、近衛忠 国際赤十字会長、ハイチから帰国

ハイチ大地震の被災地を訪れていた近衛忠 国際赤十字・赤新月社連盟会長(70)=日本赤十字社社長=が24日、成田国際空港に帰国した。

会見で「街中がれきの山で異臭に包まれている。」と被害の深刻さを語った。

近衛会長によると、現地の空港はボランティアスタッフや世界中から届く救援物資でパンク状態にあり、「救援自体が混乱し、さばき切れていない」という。

国際支援の強化を目的に13日に日本を出発。
被災者が搬送された病院などを回り、各国の赤十字スタッフらを激励した。

また、ハイチや隣国ドミニカ共和国の大統領と面会し、「復興計画の策定を急がねばならない」と危機感を強めたという。

日赤は24日午後、さらに6人の医療スタッフをハイチに派遣した。

街中がれきの山

街中がれきの山で異臭に包まれている


懸命に救出作業が行われている

がれきの下にはまだ多くの人が埋まっている



他人事とは到底思えない、この未曾有の大災害に、防災サポ

ートおぢやは、「ハイチ大地震救援募金」を行います。

一人一人のわずかなご寄付が、1日1ドル以下での生活を強

いられている現地の被災民やご遺族に、大きな救援となるこ

とを心から望み、この救援募金にご賛同下さいますよう、心

からお願い申し上げます。











中越地震の体験者だからこそ伝えられる生身の情報

すぐに役立つ実際的な情報

防災サポートおぢやでは、生きた情報をその体験談とともに
全国の皆様にお伝えしております。







posted by NPO法人 防災サポートおぢや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 警告されていた!ハイチ大地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック